二の腕ダイエットでデコルテもきれいに


二の腕ダイエットでデコルテもケアしたいという人もいるでしょう。ダイエットでは脂肪を落とすことはもちろん、筋肉をつけることも大切です。筋肉は膜に覆われており、この膜もターンオーバーを繰り返しているということです。しかし、加齢や運動不足などが原因でターンオーバーが乱れてしまうこともあります。ターンオーバーが乱れることで筋肉や骨格に歪みが発生してしまいますし、スタイルが悪くなってしまうこともあるのです。滞った筋肉はしっかりとほぐすことが大切であり、それによって体の歪みを整えることができますし、老廃物の代謝を良くすることもできます。むくみが原因で腕が太くなってしまうこともありますが、その場合は激しい運動ではなくマッサージを行うことがポイントです。少し痛くて気持ちいと感じる程度の力加減でマッサージを行うのが良く、リンパを流すことで二の腕を細くすることができるでしょう。ちなみに、周辺に老廃物が溜まっている場合、二の腕だけをケアしても効果が実感できないこともあります。そのためデコルテのケアも一緒に行うようにしましょう。首筋からデコルテ周辺の筋肉をほぐしたら、今度は二の腕をケアしていくことになります。腕は骨格としては肩甲骨から繋がっているため、猫背の人は腕が太くなってしまうこともあります。肩甲骨周辺の筋肉を鍛えると良いのですが、まずは左手を軽く握って胸の中央に置き、胸に添えた手を軸にして背中を丸めていきましょう。そのままゆっくりと右手で胸を押すようにしていきます。背中は丸くして肩甲骨が広がる感覚を意識することが大切であり、そのまま15~20秒程度キープしましょう。反対側も行うことになりますが、血液やリンパの流れを良くすることでトレーニングの効果がさらにアップします。マッサージやストレッチはいつ行っても良いため、時間が空いている時や気づいた時などに毎日行うと良いでしょう。特にお風呂上りに行うと効果的です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です