黒ずみ毛穴の特徴とケアの仕方


黒ずみ毛穴というのは、毛穴に汚れが詰まって、毛穴の部分が黒い点に見えてしまう状態です。
その汚れは何かというと、その多くは7割が古い角質で3割が皮脂です。それらが混ざり合い、酸化すると黒く変色します。これがいわゆる角栓と呼ばれるものです。本来であれば、角質は古くなって剥がれていくものなのですが、加齢によって肌の新陳代謝が落ちてくると古い角質がいつまでも残り続けて硬くなってしまいます。すると剥がれ落ちることなく、毛穴をどんどんと古い角質が毛穴を塞いでしまうのです。
角栓以外にも黒ずみ毛穴の原因となるものをあげていくと、毛穴の部分にメラニンが出来て黒く見えていたり、乾燥で毛穴が開いてしまうために黒く見えるといったことがあります。

普段、毛穴ケアを小まめにしているという人でも、黒ずみ毛穴になってしまうことは珍しくありません。それは間違った毛穴ケアをしているからです。前述のように角栓は大部分が角質であるのに、皮脂を落とせば解決すると思っていたり、汚れを落とせば良いと過剰に洗顔をしてしまうと、刺激で角質にダメージが加わり、硬くなってしまうからです。
本当に黒ずみ毛穴を解消したいのであれば、ピーリング剤などで肌の表面に残っている硬い角質を落とします。過度にやりすぎるとダメージが残りますから週に一度程度にとどめておきましょう。そして、肌の新陳代謝を活性化させるために、ビタミンB群やビタミンCなどの助けとなる栄養を摂取して、十分な保湿と睡眠をすることです。そうすれば、自然に黒ずみ毛穴は解消されていきます。

ホスピピュアの口コミはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です