生理用ナプキンは脇汗パッド、脇汗対策に使える?


ワキガなどで大量の脇汗をかく人の場合、脇汗パッドなどで汗を吸い込ませることは多いものです。けれども次々と発汗するためにパッドだけでは対処できないこともあります。もちろんこまめに交換する必要があるのですが、パッドが無くなってしまった時には生理用ナプキンで代用できます。水分を吸収するという意味では同じ働きをしますし、吸収力も抜群に高いからです。もちろん脇に挟んだまま放置するのは不潔ですが、パッドほどまめに交換する必要はなくなります。また脇汗パッドとは異なり、抗菌仕様となることからある程度は長く装着したままにしておける利点もあります。ただしワキガによる脇汗は臭いを発生させるので、あまりに長い時間使ったままにしておくと、やがて強烈な臭いが発生することになります。これは雑菌が発色している証拠なので、早めに交換することが必要になります。女性であれば誰もが持ち歩くものなので、様子を見ながらまめに交換することが可能となります。しかも脇汗パッドは単価が高いので、頻繁に使うと経済的にも負担がかかります。その点生理用ナプキンならば安く購入できるので、まめに交換してもそれほどの出費にはなりません。ただし仕事によっては簡単に交換することもできないケースもあります。その場合には放置してしまうと脇の皮膚にも異常が発生する恐れがあります。そのような時には、制汗剤を併用するなどの工夫をしてみることも必要となります。

ワキガとは?

一般的にわきが臭い人のことを「ワキガ」と思っている方もおられますが、実際のワキガはもっと複雑なものです。
では本当のワキガとは?
人間にはそれぞれ体臭があり、それらは全て菌が体から出た物質を栄養に繁殖したことによるものです。
人間にはエクリン腺とアポクリン腺という二つの汗を出す腺を持っており、その中でもワキガ臭につながるのは、アポクリン腺のほうから出た汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分を好む菌がそれらを栄養に繁殖したことによるものなのです。
ですから、アポクリン腺を多く持っているかどうかということがワキガになるかどうかということを大きく左右しているのです。ここまでがワキガの基礎知識となります。
とはいえ、自分ではアポクリン腺が多いのかどうか判断しかねると思いますので、ここからはアポクリン腺が多い方の特徴をいくつかあげてみます。
まずは、耳垢が乾燥していないねっちょりしている人です。これは耳の中のアポクリン腺が多い証拠なので、わきにも多い可能性があります。
次に、わきに汗をかいた際に、下着のわきの部分が黄ばんでいたり、わきの部分に白い粉がふいていることがある人です。この黄ばみや粉もはアポクリン腺からの汗によるものです。
そして、女性であればわき毛が太くしっかりしている人、男性であれば柔らかくさらっとしたわき毛が広範囲に生えている人もアポクリン腺が多い可能性があります。
これらを参考に自分がワキガ体質であるのかどうかチェックしてみてください。